スポンサーリンク

2017年08月26日

Googleアドセンスの審査に通過!失敗談と成功談

公開日:2017年8月1日 更新日:2017年8月26日

こんにちはYです。

もう8月も終わりますが、まだまだ暑いですね(>_<)

先日、嬉しいことにGoogleアドセンスの審査に通過したので、広告を貼り付けることができるようになりました。二度目で通過したのですが、今日は、そのときの失敗談と成功談を書こうと思います。


++++++++++

Googleアドセンスに申請するために日記ブログを作ったのですが、Googleアドセンスは独自ドメインでないと申請できないので、独自ドメインを取得してseesaaブログで設定してから申請しました。


●一度目の挑戦 見事に非承認!(失敗談)

規約が厳しく、審査に通過するは大変と言われているGoogleアドセンスですが、やはり最初からうまくいきません。「アドセンスの審査に受かる方法!」などのサイトさんを参考にさせていただいたのですが自分もダメでした…。

1記事1000文字前後を20記事ほど書いて申請したのですが、送られて来たメールはこちら↓


アドセンスメール画像-1.png



「ポリシーに準拠していないサイト」の部分が「不十分なコンテンツ」という理由なら、記事数、文字数を増やす、内容をもっと掘り下げることをしてから再申請すれば良いとわかるのですが、自分に送られてきたのは「ポリシーに準拠していないサイト」。つまりポリシー違反の記事があるということなので、コンテンツ以前の問題でした。

アドセンスについて詳しく説明されている数々のサイトさんを参考にさせていただいてわかったのは、「ポリシー規約が全て」「ポリシー規約をよく読んで理解すること」でした。自分では「この程度なら大丈夫だろう」と勝手に思い込んでいても、Googleアドセンスからすれば許可できないことがたくさんあります。

Google AdSenseのプライバシーポリシーというのがありますが、申請する際によく読む必要があるのが「著作権に保護されているコンテンツ」と「コンテンツガイドライン」です。

Google 広告が掲載されるページには、以下のコンテンツやコンテンツへのリンクを含めることはできません。
・ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
・暴力的なコンテンツ
・自分自身または他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
・個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
・人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促し、差別を助長し、誹謗しているコンテンツ
・過度に下品な言葉使い
・ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
・望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するソフトウェアや他のコンテンツ
・不正なソフトウェアやアドウェア
・違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
・絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
・ビールやアルコール度の高い酒類の販売
・タバコやタバコ関連商品の販売
・処方箋医薬品の販売
・武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
・授業や講義の課題や提出物の販売、配布
・ユーザーに報酬を提供して、広告や商品のクリック、検索、複数ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
・その他の違法なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ
また、主なコンテンツに AdSense 未対応の言語が使われているページで AdSense コードを使うことできません。


中でも、おそらく自分のブログがひっかかった原因はこちら↓
・ビールやアルコール度の高い酒類の販売
・処方箋医薬品の販売


決して販売を促す記事は書いていませんが、家飲みの日記や病院へ行ったときのことを事細かく書いた日記があったのでこれらがひっかかったんだと思います。本当に厳しいです。

しかし、記事は日本だけで読まれるわけではありません。読まれる可能性は低くても、全世界に行きわたります。国によっては上記のことが日本以上に厳しい国が多くあるので、世界共通を考えるとポリシー違反になるのは頷けます。


●二度目の挑戦 無事に通過!(成功談)

ポリシー違反にあたるだろうと思われる部分を省き、記事を書き直して再審査に挑みました。
非承認メールから二週間以上経たないと再審査してもまた落とされると他サイトさんで知ったので二週間以上空けてから申請したのですが、どうやら二週間以上空けなくても承認される方もいるようですね。

書き直しの成果があったのか二度目の申請で無事に承認をいただけました。このときの自分のブログは、

・1000文字前後の記事20記事以上(700~800文字の記事も数記事あり)
・1記事に2、3個の見出しあり
・画像あり(自分で撮った写真のみ)
・引用元を明記した引用文あり
・参考リンクのための外部リンクあり
・プロフィール欄あり
・メルアド、お問い合わせフォームなし
・コメント承認制
・プライバシーポリシーなし


こんな感じでした。
いくつかのサイトさんでは、画像はダメ、外部リンクはダメ、お問い合わせ先は必要、プライバシーを掲載したら通る…など書かれていますが、そんなのことはありませんでした。

記事の内容は日記は日記でも、ちょっとした豆知識を加えたり、便利な物を紹介しているのならどういうところで売っているか、価格はいくらくらいかなど、読まれた方に少しでも情報を与えられるように書きました。

何かの専門ブログを作って申請しなくても、見出しを作って読みやすくしてちょっとしたことでも人の役に立てる記事を書けば大丈夫です。


●審査メールがなかなか送られてこない場合

ブログの審査をしてもらう際、指定されたコードをHTMLに貼り付けて審査してもらうのですが、「審査に3日ほどかかります」と書かれています。しかし!3日どころか、今は1ヶ月以上かかることが多いので、審査状況が気になる場合は一度、AdSense審査状況確認フォームで問い合わせてみることをおすすめします。

現に自分も1度目の時は1ヶ月以上審査メールが届かなかったので、確認フォームから問い合わせてみるとその後すぐ届きました。非承認でしたが。笑
2度目の時も1週間過ぎたあたりで確認フォームから問い合わせると、2日ほどで審査メールが届きました。

++++++++++

この記事がお役に立つかどうかわかりませんが、以上が自分がGoogleアドセンスの審査に通過したときのお話でした。
こちらのブログでも広告を掲載しておりますが、掲載したからと言ってすぐに報酬があるわけではありません。ここからがまた長いのです。いつ報酬があるかわかりません。試練ですね。笑


ご覧いただきありがとうございました。m(__)m


スポンサーリンク



posted by Y at 18:13| Comment(8) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アドセンスの審査がこんなに厳しくなったんですね
わたしが審査うけたころはアドセンスが開始された当時なので
日記ブログですんなり通りました
Posted by きょろ at 2017年08月02日 19:05
>きょろさま
コメントありがとうございます。(^^) 2016年前半あたりから厳しくなったようです。だから、審査に通るための情報も古いのを参考にすると全然違うものが多いです。最近は2017年版の情報が上位に来るようになりましたが、それはそれでガチガチに考えすぎなものが多いなと感じました。
Posted by Y at 2017年08月04日 11:30
アドセンス審査合格おめでとうございます!
私も審査合格を目指して準備段階ですので、
とても参考になりました。

病院に行った時の記事が私もありますので、
再度、見直して審査通過に向けて頑張ろう思います。

ありがとうございました。
Posted by クミホ at 2017年08月11日 00:50
>クミホさま

コメントありがとうございます(^^)参考にしていただけて嬉しいです。受かることを願っています!
Posted by Y at 2017年08月14日 16:35
こんにちは、つかっちといいます。
アドセンス審査、無事通過されてよかったですね。
アフィリ報酬を目指すなら、
クリック型のアドセンス報酬がいいということも
あり、一度審査を受けたことがあります。
でも、私自身の知識が足らなかったので、
審査は通ったのですが、それからの手続きを
そのままほったらかしてしまいました(-ω-;)
今から考えるともったいないことしたな~と
反省三昧ですが、今は勉強中です(*´∀`*)
Posted by つかっち at 2017年08月14日 17:00
>つかっちさま
コメントありがとうございます。(^^)ほったらかしにしてしまったんですね!(+_+)でも、自分自身も知識がまだまだなのでアドセンスを掲載したのは良いものの、そこからどう収益を上げていくかが今後の課題です。お互い頑張りましょう!
Posted by Y at 2017年08月18日 12:17
初めまして。
ランキングから来ました。
GOOGLアドセンスかなり審査厳しいのですね。
参考になりました。
応援していきますね!
Posted by バオウ at 2017年09月01日 02:21
>バオウさま

コメントありがとうございます。(^^)参考にしていただけて嬉しいです。
応援もありがとうございます!
Posted by Y at 2017年09月04日 22:14
コメントを書く
コチラをクリックしてください